logo
Home

中国 食 文化 歴史

「キッコーマン食文化講座<中国の食文化が日本に与えた影響 ~日中餃子文化研究:日本食に融合した中国料理とその歴史的背景~>のレポートを掲載しました。. 小さく薄く成形された碁子麵は、芯まで乾燥させることが可能であったため、乾麵として利用されていたことがわかる。碁子麵は棋子麵ともよばれ、宋代に流行したことでさまざまな料理法が記録されている。しかしながら、管見のかぎりではあるが、明代の家事百科事典である『多能鄙事(たのうひじ)』に登場したのを最後に、棋子麵という名称は料理書から消えてしまう。 麵片(ミエンビエン)で肉、魚、野菜などの餡をつつんで、煮たものを華北では饂飩(ホウントン)とよび、広東省では雲呑(ワンタン)という。明治時代以来、日本で中国料理店を開業した中国出身者には広東人がおおかったため、日本ではわんたんという名称が定着した。ひとくちに饂飩と言っても、いったいどのような形状をしたものだったのだろうか。隋代(581年~619年)の顔之推(がんしすい)は、「今の饂飩は形偃(えん)月(げつ)の如し。天下通食す」と書いている。また,唐代(618年~907年)の韋巨源(いきょげん)の『食譜』には24気饂飩なるものが記録されており、24種の餡をそれぞれ花形にくるんだものだと推測できる。 隋代、唐代の2つの例から考えてみると、当時さかんに食べられていたふつうの饂飩は、円形の麵片に餡をくるんで二つ折りにし、半月形をしていたと考えられる。また、饂飩はゆでて食べるものであったことから,今の水餃子のような食べ物であったといえる。 水引(すいいん)餅(べい)は、中国における麵の祖先だと考えられている。『四民月令(しみんがつりょう)』は、後漢の崔寔(さいしょく)(103年前後―170年)が記した中国最古の歳時記で華北平野が舞台となっているが,この書物の6月の項に、煮餅(しゃへい)、酒溲餅(しゅそうへい)、水溲餅(すいそうへい)の3種類の餅の名称が登場する。3つのなかで唯一麵(ミエン)条(テイアオ)なのが水溲餅(すいそうへい)で,水引餅(すいいんべい)と同様のものであるという見解がある一方で,水溲餅(すいそうへい)も煮餅(しゃへい)、酒溲餅(しゅそうへい)のように蒸してつくるパン状の食品であるため,麵条(コムギ粉をほそ長く加工した食品)とは認めがたいという説もある。 水引餅の作り方は、『斉民要術』(530年~550年成立)に記されている。この書物の9巻「餅法」という章には、さまざまなコムギ粉食品の作り方が記録されている。その中に、. 犬食文化(けんしょくぶんか、食犬とも)とは、食用として犬を飼育してその肉を食べる習慣、及び犬肉料理の文化の事である。 中国の一部の地域、 東南アジア 、朝鮮半島地域などの市場では、 内臓 を除去しただけのそのままの姿のものや小さく解体し. 中国食文化の研究. 中国高官から聞い. 中国の食卓において、ご飯や、時には蒸し饅頭などの主食となる食べ物は、お椀などに入れられて各自に配られつこともありますが、主食以外の前菜やおかずなどの料理は通常、テーブルの中心に置かれ、それぞれが各自好みの量を取り分けるスタイルとなるのが普通。 これは、中国の長い歴史の中で培われてきた中国文化や中国思想(または哲学)を象徴していると言えます。 食卓を囲む人々が皆で食べ物を共有することは「団欒(だんらん)」を象徴することであり、中国で大切にされている家族との繋がりやコミュニティとの繋がりを維持する上で、とても重要なものだからです。 そのため、人が多く集まる食卓の上は、様々な料理が色鮮やかに並べられることになり、参加者全員で同じ料理を分け合い、同じ時間を共有して連帯感を醸成していくのです。.

中国の人々と敬意を重んじる文化は一体となっていると言えるでしょう。 そして、これは食事の場でも重要で、年配の方から先に食事を楽しんでもらうように心がけるのが習慣となっています。 また、訪問先でも主催者にすすめられるまで待つようにし、主催者の歓迎に応対するためにも、食事は声がかかってから始めるのが大切です。 他にも、宴会によっては主賓が席に着いてから席に着くことが期待されることや、自己紹介または主催者によって自分が紹介された後に席を着くことが期待される場合もあります。 この辺りについては、食事や宴会の目的、さらに重要度によって異なってくるので、迷ったら周りを観察したり主催者に確認しておくのが良いかと思います。. 比較的広い国土を持つ中国では、各地方の気候・地理・歴史・食材・食習慣の違いにより、独自に形成された調理法、味付けの料理がある。 日本を含め世界的に広く普及し、また 現地化 も進んでいる。. 中国における食人とは、れっきとした「食文化」の一つ。まさに中国4000年の味、「人肉三昧」の歴史の重みを感じさせる。.

中国の歴史は長く、何千年も前にさかのぼります。 初めは 黄河 こうが や 長江 ちょうこう という長い 河 かわ の近くで文明が栄えました。 最古の王朝ができたのは 紀元前年ごろ 。. 中国の食文化や食習慣として、席次は覚えておいた方が良いでしょう。 まず、中国の食事における席にはいわゆる「上座」と「下座」があり、ドア(出入り口)から最も遠い所が基本的には「上座」になります。 そして、中国文化ではその上座から見て左側が次席、右側は三席となり、以降、四席は左、五席は右と、交互に繰り返していきます。 また、下座は上座から最も遠く、円卓の場合は向かい合う場所で、上座には最も重要な人(通常は主賓)から順番に座っていき、招待する側は下座側に座るのが習わしです。 ただし、窓から外を眺められる個室では、窓に面した方が上座、出入り口から離れていても窓を背にする席は下座になったり、もてなすのが簡単ということで、ゲストの近くへ主催者が座ることもあるなど、この辺りは臨機応変に対応されます。 さらに、特に招待客などがいない場合は、通常、年長者から上座側へ座っていくのが習わしです。. See full list on world-note. 中国 食文化の歴史 中国の食文化の歴史は古く、6千年以上の昔から焼く・蒸す・煮るといった調理法を行なっていたようです。 春秋戦国時代、周の時代の会席料理には、焼く・煮るといった料理の他、酒漬け生物・野菜の塩漬けなどもあったようです。. 中国の音楽の歴史と、伝統的な楽器を数多くの図版とともに紹介します。 琴と筝の歴史と構造 中国 食 文化 歴史 琴(きん)と箏(そう) の歴史、構造の違いや、日本における「こと」という言葉の表す楽器について。. 今回の食文化調査では、たくさんの方々のご厚意により、インターネットなどでは決して得ることのできない数多くの貴重な経験をすることができました。お忙しい中、調査にご丁寧に協力いただき本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。 調査では、製造や調理の現場を見学したり製造者や調理師の方から直接お話を聴いたりすることで、各地域の食文化が、その土地土地の地理や気象、政治、流通、宗教などの様々な背景と、そこで暮らす人々の長い創意工夫の積み重ねによって形成されたものであることを実感しました。 食の欧米化などによって、私たちが郷土料理を食べる機会は減りつつあります。また、それは漬物や味噌のような発酵食品についても同様です。しかし、それが長い年月をかけて形成してきた貴重な食文化を失うことであることに改めて気づかされました。その一方で、今回お話を聴いたどの方々も、食文化を守っていくために、多大な工夫と努力をされていること、そして、ただ古来の伝統に従うだけでなく新たな技術や趣向を積極的に取り入られていることは、非常に驚きであったと同時に、今回の調査で最も感銘を受けた点でした。 微生物学に関わる一学生として、今回得た知識と経験を単にこの調査の範囲で留めるのではなく、自分の研究や今後の行動に活かしていきたいと感じました。そして、その結果を積極的に社会に還元していくことで、私たちの食文化の発展に寄与していきたいと思いました。 (山手、中村) jp) ・木村 礎, 藤野 保, 村上 直,『藩史大事典 第6巻 中国・四国編』, 中国 食 文化 歴史 雄山閣, jp) com/) 食文化調査結果一覧に戻る.

中国文化は日本文化の起源である」という言葉に対して、一番多かった反応が「でも日本人はそれを日本風にアレンジした」といったコメントだった。それは正しい。日本文化の特徴は、中国の影響を受けつつも独自の変化を加えるところにある。その具体的を5つあげていこうと思う。「茶道. 「うずみ」は、江戸時代から続く福山の伝統的な郷土料理です。今回、福山市情報発信課様と、福山市光南町の日本料理 川長様にご協力いただき、うずみに関するお話をお伺いすることができました。 うずみは、旬の野菜やお肉などの上にごはんをのせ、お出汁をかけた料理です。その名前の由来には諸説ありますが、ごはんの下に様々な食材がうずめてあることからその名がついたとされています。 うずみの発祥には様々な説があるそうです。一説には、江戸時代、倹約政治によって庶民が贅沢な食べ物を口にするのを禁止されていた際に、食材をごはんで隠して食べたことに由来するそうです。その一方で、当時、西日本全体で食べられていた料理の一つに「うずみ豆腐」、別名「備後豆腐」(田楽味噌を塗った豆腐の上にごはんをのせたもの)があり、それに由来するという説もあるそうです。このうずみ豆腐ですが、京都では、お寺での修行の合間や、表千家の年の瀬の時期に行われた稽古の際など、比較的忙しい時期に簡単に作れるご馳走として振る舞われていたそうです。また、秋の農作物の収穫祭にも振る舞われていた記録もあり、「隠れて食べるもの」というより、いわゆる「ハレ」の料理としての位置付けであったそうです。福山のうずみは、うずみ豆腐をもとに、豆腐のみならず様々な食材にごはんをのせた料理として、福山の祭り行事や、お茶文化と結びつき、広く普及したと考えられます。 今回のインタビューでは、日本料理 川長様のご厚意により、実際にうずみを頂くことができました。目の前に実際にうずみのお椀が出されると、まず目にはお出汁のかかった白いごはんが入ってきました。一体どんな食材がごはんの下に隠れているのだろうと期待しながらごはんを少し崩してみると、ごはんの下からは鶏肉や海老、人参や里芋、椎茸などの様々な食材が出てきました。どの食材も小さく丁寧に調理され、非常に色鮮やかでとても豪華な印象を受けました。実際に口に運んでみると、いりこ出汁とともに様々な食材から出た風味高い出汁の香りが口に広がり、また、様々な食材の食感と合わさって、とても味わい深い贅沢な一杯でした。今回、鶏肉をつかった伝統的なうずみを頂きましたが、福山市の「鞆の浦」では鯛が有名なこともあり、鶏肉の代わりに鯛を用いることもあるそうです。「福山鯛うずみ」のレシピはこちらから見ることができます。 江戸時代から続く歴. See full list on 中国 食 文化 歴史 comp.

自然保護団体や野生生物の研究者らから問題視され続けてきた中国での野生生物の消費であるが、希少動物を危機に追いやっているという問題の他、人獣共通感染症の流行の原因となりうるというリスクがある。年、アジアを中心に32の国や地域に拡大したSARS(重症急性呼吸器症候群)も、中国の野生動物市場で売られていたハクビシン(ジャコウネコ科の一種)からウイルスが検出されたが、元々は野生のコウモリ(キクガシラコウモリ)が宿主だったとみられている。SARSは、発熱や咳などインフルエンザに似た症状で、1~2割が重症化、呼吸不全などを引き起こした。致死率は平均で約10%だが、65歳以上では50%以上とかなり高かった。 今回の新型コロナウイルス(COVID-19)も、元々の宿主はコウモリだと目されている。WHO(世界保健機関)は、コウモリからセンザンコウに感染し、さらに人間へと感染した可能性を指摘している。センザンコウとは全身を鎧のようなウロコで覆われたアリクイのような哺乳類。中国では肉が珍味として食用にされる他、ウロコが喘息やがんに効く薬となると信じられているが、科学的根拠はない。センザンコウは「世界で最も密猟されている動物」だとも言われ、年にアフリカからアジアへと密輸されたウロコは実に97トン、15万匹分に相当するという膨大な量であった(関連情報)。. 広島県は中国地方のほぼ中央に位置する県で、北部を中国山地、南部を瀬戸内海に囲まれた地形をしています。このため、北部では標高が高く、年間を通して気温が低い、降水量が多いといった特徴がある一方、南部では標高が低く、年間を通して気温が高い、降水量が少ないといった瀬戸内海気候地帯の特徴を持っており、県内で気候に地域差が大きくなっています。また、このような風土から、広島県では山の幸、海の幸の両方に恵まれ、農業や漁業ともに盛んなことに加え、広島市を中心に自動車産業を始めとした工業や商業も盛んなことから、「日本国の縮図」とも呼ばれています。 歴史的には、広島市を中心とする西部は「安芸」、福山市を中心とする東部は「備後」と呼ばれていました。安土桃山時代には、安芸国の国人であった毛利元就によってこれらの地域を含む中国地方が統一され、以来毛利氏によって治められていました。しかし、慶長5年(1601年)の関ヶ原の戦いで毛利輝元が西軍の総大将として参戦するも敗戦し、防長二国(山口県)へと転封されたことで、尾張国清州(愛知県)より転封した福島正則が代わって広島を治めるようになりました。その後、元和5年(1619年)に、福島正則が洪水で崩壊した広島城を無断改修したことで、武家諸法度違反により川中島藩(長野県)に転封された際に、広島藩と福山藩に分割され、それぞれ浅野長晟、水野勝成によって治められることになりました。 福島正則が転封されると、代わって紀伊藩(和歌山県)から浅野長晟が安芸および備後の約半分(42万石)を入封し、広島藩の初代藩主となりました。長晟は、瀬戸内海の恵まれた海運網を利用し、木材や鉄、紙などの専売に取り組み、広島藩の財政の基礎を築き上げました。長晟が47歳で死去すると、長晟の跡を光晟、綱晟、綱長が順に継ぎますが、綱長の時代に、浅野分家の赤穂藩(兵庫県)藩主の浅野長矩が吉良上野介を斬りつける事件、いわゆる「赤穂事件」が起こります。この事件に対して綱長は、当初、浅野家がまとめて処罰を受けるのを避けるため、赤穂藩に対して圧力的な態度を取りました。しかし、赤穂浪士の討ち入りによって彼らが社会的に評価されるようになると、綱長は態度を一変して赤穂藩を優遇し、浅野家の支持の獲得に利用しました。幕末になると、広島藩は第一次長州征伐において、幕府軍の最前線基地としての重要な役割を担いました. 今回の食文化調査では、以上の3つのインタビューの他にも、道中で様々な広島県ならではの料理を頂きました。 1日目の昼食には、広島駅ビル内にあるかなわさんで牡蠣料理を頂きました。「牡蠣生産量日本一の広島県に来たからには牡蠣は外せない」ということで、お昼から早速、牡蠣ご飯、牡蠣フライ、牡蠣グラタン、牡蠣の土手鍋などなど、牡蠣のフルコースを堪能しました。特に牡蠣の土手鍋は広島の郷土料理ということで、事前調査の時点から興味があったのですが、牡蠣のエキスと濃厚な味噌の組み合わせが非常に風味高くとても美味しかったです。 1日目の食文化調査を終えた後、夕食には、中区新天地にある「お好み村」でお好み焼きを頂きました。お好み村は、1つのビルの中に20件をも超えるお好み焼きのお店が入る広島市の人気スポットです。訪れたのは平日の夜でしたが、どのお店にもたくさんの人がいてとても活気のある場所でした。お好み焼きはキャベツとそばがたっぷりと入っていてボリューム満点、大満足の1皿でした。 2日目は、朝から広島県の東部にある福山市に移動し、府中味噌とうずみの食文化調査を行いました。今回、時間の都合で頂くことはできませんでしたが、府中味噌の調査で訪れた府中市は、「府中焼き」という料理でも有名な地域だそうです。府中焼きは、お好み焼きをベースとして豚バラ肉の代わりにミンチ肉を入れたのが特徴で、「B1グランプリ」では、広島県代表としてエントリーしたこともあるそうです。市内には府中駅を中心としてたくさんの府中焼きのお店があり、府中駅では「府中焼きマップ」が配布されていました。府中市に訪れる機会があれば是非召し上がってみてください。 全てのインタビューを終えた後、今回の食文化調査最後の夕食には、福山駅近くの海の幸八さんで鯛茶漬けを頂きました。瀬戸内海に面した福山市は、非常に海産物が豊富で、特に福山市鞆の浦は、約380年続く伝統的な鯛の漁法「鯛網」が行われていることで有名だそうです。頂いた鯛茶漬けは、鯛の身がとても引き締まって新鮮でした。東京ではなかなか味わうことのできない新鮮な海鮮に舌鼓をうち、東京への帰路につきました。.

とまぁ、当時の中国に渡った外国人が直接見聞きした中国の食人文化が垣間見える内容だよな? 先程の中国の歴史書と照らし合わせても、どうにも真実で有る事は疑い様も無い. 【11月30日 Xinhua News】中国四川省(Sichuan)成都市(Chengdu)の四川博物院で26日、中国の食文化を紹介する展覧会「食味人間-飲食文化展」が開幕. 「箸」は中国の食卓において、最も重要なテーブルウェア(食器)だと言って良いかもしれません。 竹、木材、金、銀、象牙、銅など、物によって異なる素材から作られていますが、竹や木材で作られた箸が最も一般的です。 その箸を使う上で、中国の食文化には次のようなエチケットがあります。 また箸が得意で無い場合、特に悪い印象を持たれる心配はないので、代わりにフォークとスプーンを頼めば大丈夫です。 ただし、中国においてナイフは、凶器であるとされることもあるため、場所によってはほとんど用意されていないことがあります。. 中国の伝統的な祭りは形式が多様で内容が豊富であり、中国の長い歴史と文化の不可欠な部分です。 その中に最も重要されているのは中国の新年、それから中秋節です。そして「55少数民族」と呼ばれる中国でもユニークな民族祭りがあります。.

唐代にかかれた『食譜』という料理の本には、141種類の料理名とそのつくり方が記されています。 中でも、陶磁製造業の発展によって、中国料理の品質、色彩、味、形、器という現代の中国料理に要求される五つの要素が、今から一千年ほど前の唐の時代に、すでに整い、中国の調理技術は. 中国ではペットとしてのネコの飼育が増えるにつれ、猫食文化への風当たりが強まり、抗議行動も起こるようになっている 。 年6月には 深圳市 の有名な猫肉料理店が40名ほどの活動家から襲撃を受け、営業中止に追い込まれた 8 リンク切れ 。. ただ、野生生物の違法取引という点では、問題は中国だけではない。日本もペットとして、様々な昆虫や魚類、鳥類、爬虫類や哺乳類などを密輸し、世界有数の違法取引市場となっている。これらの密輸された野生生物が、新たな感染症の発生源とならない保証はない。また、象牙については、中国が同国での象牙売買を禁止した現在、日本が世界最大の象牙取引市場となっているのだ。. 「広島菜漬」は、九州の高菜、信州の野沢菜と並ぶ日本三大漬菜である広島菜の漬物です。今回は、「廣島魁(ひろしまさきがけ)」をキーワードにこだわりを持って広島菜漬を製造されている株式会社山豊様にご協力いただき、広島菜漬について教えていただきました。 広島菜漬の原料となる広島菜は広島県名産の伝統的な漬菜で、鮮やかな緑色とわさびに似た清涼感のある独特の風味が特徴の野菜です。その歴史は古く1600年代前半、福島正則の参勤交代に従った観音村の住人が、帰途に、京都本願寺に参詣して種子を手に入れ持ち帰ったと言われています。その後明治時代に、広島県の川内村の木原佐市が品種改良を行い、現在の広島菜を作り上げたとされています。明治38年(1905年)には、廣島縣農会発行の「農事調査第4報 蔬菜ノ部」で広島菜の主産地は川内村とされ、広島県で最も有名な蔬菜であり、漬物として最適であると記述されています。広島菜漬の発祥について詳細は不明ですが、当時の野菜の食べ方の基本的な方法に塩漬があったことを考えると、栽培と同時に広島菜漬への加工も自然と始まっていたと考えられています。広島菜漬が広まった経緯として、明治時代から昭和時代にかけて、大阪に進出していた広島の牡蠣船(川辺に係留した和船で牡蠣料理を食べる)で牡蠣飯と一緒に出されていたことが挙げられます。 広島菜は、基本的に県内の安佐南区川内地区で生産されているそうです。特に、株式会社山豊様では、旬の時期(11-12月)に浅漬に加工する広島菜はすべて川内地区で生産されたものを使用しているそうです。川内地区は、太田川と古川に挟まれた土地で、川の流れが運んできた栄養豊富な土壌が積もった肥沃な土地で、水はけの良い砂壌土が広島菜の生産に適しているそうです。広島菜は、他の野菜と比べても栽培に気を使う難しい野菜としても知られています。連作に弱いことや、雨や雪、霜などで葉が痛みやすいため収穫適期も短く、収穫時期が遅れると繊維が固くなってしまうことなどがあるそうです。また、近縁種のアブラナ科の植物と交雑しやすいため、広島菜の種を守るために生産者の方とメーカーが協力して、3月に畑周辺の河川敷に自生するからし菜を刈り取る「からし菜(アブラナ科)退治」を行っているそうです。 収穫された広島菜は、「浅漬」と「古漬」の二種類の広島菜漬に加工されます。今回のインタビューでは. . 穀物の食べ方を大別すると、粉食と粒食にわけられる。粉食作物の代表はムギ類で、ユーラシア大陸の西側では粉にしてからパン類に加工される。ユーラシア大陸の東側では、コメを煮たり蒸したりする粒食が原則であった。中国古代の粉食の歴史を振り返ってみると、紀元前4000年以前の華北平野の早期新石器時代には、アワが主作物とされていたと考えられている。華北平野は、黄河と淮河(わいが)の流域をむすぶ地域であり、漢代以降の中国におけるコムギの主産地であるが,コムギが栽培されるようになる以前はアワが人々の食生活を支えていた。 早期新石器時代にアワが粉食されていたと考える有力な証拠に、淮河流域から発見されたすりうす(saddle quern)があげられる。すりうすは,大きな板状の下石と、下石の幅程度のながさをした上石のセットからなりたつ。少量の穀物を下石におき、両手でにぎった上石を前後にゴリゴリと動かして挽きつぶす。すりうすは、アワを粉食にするために使われていたと考えられる。 ところが、仰韶(ぎょうしょう)文化、大汶口(たいぶんこう)文化に代表される中期新石器時代になると、アワを主作物とすることに違いはないものの、すりうすが姿を消してしまう。そのかわりに、穀物を煮たり、蒸したりするために使用されたと考えられる土器の種類が多数発見されている。なぜ、このような変化がおこったのかについての原因は明らかではないが、粉食から粒食への転換があったことは確かであろう。. 中国の歴史と飲食文化は、切り離せないのです。 例えば、主食ひとつとってもそうです。 現在に至るまで中国北部は粉食、南部は米食が優勢であるとされます。 「中国は春節に、餃子を食べるもの」.

もちろん、何をどこで誰と食べるのかによって色々と変わってくることはありますが、中国で誰かと食卓を囲む場合、次のようなパターンまたは傾向がある点を覚えておくのは、中国の食文化を知る上で良いかもしれません。 まず、複数の人からなる宴会に招待されたとします。 この場合、中国においては、少なくとも4品(〜8品)の冷たい料理「前菜」と4品(〜8品)の温かい料理「主菜」が用意されると考えておくのが良いでしょう。 また、他にも子豚、鶏、魚が丸ごとふるまわれることがあったり、そこに加えて、汁物(スープ)とご飯などの主食が提供されます。 一方で、家庭では1〜2杯のご飯や麺類とともに肉類や野菜を楽しみ、場合によっては汁物で食事を終えます。. 現在の食材でいえば,饅頭(マントウ)、包子(パオズ)、焼売(サオマイ)などのように、セイロで蒸してつくったもの。蒸餅という名称は、『釈名(しゃくみょう)』にも登場する。新石器時代の土器には,蒸し器が多数発見されていることから、中国において「蒸す」という料理法は非常に長い歴史をもっている。現代中国語では,なかに餡が入っていないものを饅頭といい、肉餡や甘い味付けをした餡をつめたものを包子という。 現在の煎餅(チエンビン)、焼餅(サオビン)の類で、鍋で焼きつけたり、直火であぶったりしてつくるもの。中国の煎餅は、コムギ粉をうすくのばして,油を塗ったたいらな鍋で焼いてつくる。焼餅は、コムギ粉を練って円盤状にしたものを、炉の内壁にはりつけて焼いてつくる。焼餅の製法は、西アジアの伝統的なパン焼きに共通する料理法であり、シルクロードを経由して最初に中国に伝えられたコムギ粉食品は、焼餅の祖先のようなものだったかもしれない。片面に黒ゴマをまぶしてつくった焼餅の一種を胡(フウ)餅(ビン)、あるいは芝(ツー)麻(マア)焼餅(サオビン)とよぶ。なお、胡餅という名称も『釈名(しゃくみょう)』に登場する。 油(イウ)条(ビン)、饊子(サンツー)などのこと。油条とは、コムギ粉に明礬やかん水を加えて、やわらかく練った生地をねかせてから、ねじりん棒の形にして油揚げにしたもの。そのまま食べたり、薄切りにして中華粥にうかせたりする。饊子は、コムギ粉を麵条のように細く延ばして、油揚げにした菓子食品のこと。同様のものを、新疆ウイグル自治区のウイグル族はザンザと呼ぶ。『斉民(せいみん)要術(ようじゅつ)』には、「環餅(かんぺい)、一名寒(かん)具(ぐ)」という名称で登場する、コムギ粉を密またはナツメの実を煮た汁で練ってつくる食べ物がその起源であるとも言われている。現在の北京の露店でもよく見かけるスナックの麻花も油条や饊子の系統だと考えられている。 茹でたり、スープで煮たりしたコムギ粉食品のこと。麵類や水(スウエ)餃子(イチヤオツー)、饂飩(ホウントン)がそのたぐいの食品である。湯餅の名称も『釈名』に登場する。『釈名(しゃくみょう)』は2世紀の後漢末期に成立した書物であることから、その頃にはコムギ粉食品のさまざまな調理法が発達していたことがわかる。. .


Phone:(297) 427-7864 x 3763

Email: info@mfql.i-zooom.ru